Tecan
Tecan.com
Loading

Tecan D300eデジタルディスペンサー

Tecan D300eデジタルディスペンサー
T8+ &D4+カセットで水溶液とDMSO溶液の分注に対応

Tecan D300e デジタルディスペンサーは、PCR反応セットアップ、酵素プロファイル、相乗効果実験および用量反応曲線を作成するための簡便な方法を提供します。 HPのダイレクトデジタルペンシング技術により、マイクロリットルからピコリットルまでどのようなウェルへも任意の量で直接アッセイプレートへ非接触分注します。時間を節約し、貴重なサンプルの消費を最小限にし、研究を加速化します。

DMSO溶解の低分子から界面活性剤含有水溶液中の生体分子まで、どのようなウェルでも任意の量でディスペンス可能です。Tecan D300eのベンチトップソリューションは、煩雑なセットアップを必要としません。また使い捨てのディスペンスカセットを使用することにより、デッドボリュームを少なくするとともに、クロスコンタミネーションノリスクを回避します。広範囲なアプリケーションのための高品質な微量分注を提供します。

Tecan D300e 特徴

時間の節約

Tecan D300eは薬剤間の濃度調整を合理化します。

ダイレクトディスペンシングテクノロジーにより、無駄な工程を省き、生産性を向上させます。

HPは従来の段階希釈のワークフローを簡略化します。

[x]

プレートマップ

プレートマップを作成し、どのウェルへでも任意の容量でディスペンスできます。
ワンクリックでプレートを任意抽出することもできます。Tecan D300eソフトウェアは簡単操作で、数分間でどのようなプレートマップを作成することができます。

数分でプレートマップを定義付けることができます。

[x]

酵素プロファイル

Tecan D300eの酵素プロファイル ウィザードにより、水溶液バッファー中の酵素や基質、またはDMSO中の阻害剤または低分子を迅速かつ容易にタイトレーションの設定が行えます。

酵素プロファイルのセットアップを視覚的にガイドします。

[x]

薬物間相互作用

薬物間相互作用研究の重要性はさらに高まっていますが、複数化合物による濃度マトリクス作成には手間が掛かり、研究者は度々行うことが出来ません。
Tecan D300eはそれぞれの化合物を独立してディスペンスできるので、これらの実験を容易に行うことができます。

薬物間相互作用研究のセットアップが容易

[x]

デジタルディスペンシング

HPのインクジェット技術により、T8 ディスペンスカセットはピコリットルからマイクロリットルまでの容量をバイオアッセイプレートに直接ディスペンスします。使い捨てのディスペンスヘッドによってクロスコンタミネーションのリスクを低減します。

[x]

ターゲット設定タイトレーション

D300eControlソフトウェアにより、期待されるIC50値の周辺にデータポイントを容易に集中させることができ、Hill係数やIC50値により正確性をもたらします。

ターゲット設定タイトレーションによりデータポイントを重要な部分へと集中

[x]

PCR セットアップ

Tecan D300e PCR WizardによりPCR反応のセットアップを迅速かつ簡便に4ステップで行えます。

  1. 液体を指定
  2. 液量を入力
  3. 標準曲線の指定(必要に応じて)
  4. レイアウトの決定

[x]

主な利点

効果的なダイレクトディスペンス

  • どのようなウェルへも11pLから10μLまで任意の量でディスペンス可能
  • アッセイプレートへのダイレクトディスペンス
  • 効率的な実験系デザイン
  • それぞれの量を独立してディスペンス可能
  • D4+カセット使用でバックフィル対応
  • PCR反応セットアップ、薬物間相互作用の濃度調整、酵素プロファイルを数分で終了

コスト削減

  • 薬剤のディスペンス時間を短縮
  • 自動化のためのセットアップや待ち時間がないので生産性を向上
  • 最少のボリュームで貴重な化合物の廃棄量を抑制
  • 溶媒の使用を低減
  • プレートやチップの使用を低減
概要
詳細
テカンジャーナル 01/2015

[Pages 26-27]

Trustmarks & Awards

© 2015, Tecan Trading AG, Switzerland, all rights reserved. ご利用規約 | Trademarks